人気の記事
read_err:https://pattoma.com/feed/index.xml

漫画アシ残業代未払い問題:うすた京介炎上、一方富樫義博はアシスタントにボーナスを支給していた。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うすた京介の「嫌なら就職しろ」発言の中、富樫義博はアシスタントに年4か月分のボーナスを支給していた!!!

人気漫画「ドラゴン桜」作者として人気の三田紀房先生(60歳)が元アシスタントに約11年間も残業代を支 …
人気漫画「ドラゴン桜」作者として人気の三田紀房先生(60歳)が元アシスタントに約11年間も残業代を支払っていなかった件で、予想もしない漫画家が株を上げている。人気漫画「HUNTER×HUNTER」(ハンターハンター)の作者、冨樫義博先生である。

・1年間に給料4か月分のボーナス
冨樫義博先生のアシスタントとして活躍していた漫画家の味野くにお先生の著書「先生白書」によると、冨樫義博先生は年に2回、給料の2か月分のボーナスをアシスタントに支給していたという。つまりその月は給料3倍ということになる。1年間に合計4か月分のボーナスがアシスタントに手渡されていたわけだ。

・うすた京介先生は株を下げて炎上
三田紀房先生が残業代を払わず、元アシスタントがネットで暴露した件について、漫画家のうすた京介先生が「そもそも漫画家なんてまともな仕事じゃないんだから嫌なら就職しなさい」と発言し、多くのファンが失望し、炎上している。

そんななか、アシスタントを手厚くフォローしていた冨樫義博先生は株を上げており、漫画を描いていないのに大きな話題に。実際に漫画家のアシスタントをしている男性に意見を聞いたところ「残業代払わない漫画家もいるのに神すぎる(涙)」と話していた。

引用元: BUZZ News Plus


みんなの反応

「1年間に給料4か月分」と書かれているが、ハンターハンターの連載はそもそも1年に3ヶ月程度だと思う。まさかボーナスのほうが多いなどということは…(実際は漫画以外の仕事でそれなりに忙しいらしい)

オイラがアシ行ってた大御所は単行本印税収入の1.5%を半年に一度アシに振り分けてた

お前は漫画の続きかけw


大御所の所は待遇もいいって聞いたことありますね。
しかしこの流れ、「残業代を出そうにも出せない新人作家」にまで波及しそうですね。
当然払われてしかるべきものではあるんですが、週刊連載とかだと最初の頃はそうもいかない現実もあるようです。
残業代と作家の実情を鑑みた仕組み作りとかも必要な時代かもしれませんね。

関連