人気の記事

【モンハンチート行為】「悪魔ネコ」作成者、脅迫されたと警察に駆け込み逆に著作権法違反で御用【発覚から送検まで】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モンハンでチート “悪魔ネコ”の作り手書類送検 ネット上で忠告受け「脅された」と警察に駆け込み御用

「モンスターハンター」の世界で、規格外の強さを見せる「悪魔ネコ」。その実態はチートだった。生みの親の1人である男は11月、著作権法違反容疑で書類送検された。

シリーズ累計4千万本を売り上げた超人気ゲーム「モンスターハンター」の世界で、規格外の強さを見せるプレーヤーがいる。ネコのキャラクター「アイルー」を使用することから、「悪魔ネコ」の異名で恐れられていたが、その実態はチート行為(不正なプログラム改変)。大阪府警は11月、悪魔ネコの生みの親の1人である会社員の男(44)を著作権法違反容疑で書類送検した。発覚のきっかけは「こんなこと、していいのか」との心あるゲーマーの忠告。ところが忠告された当人は、「脅された」と警察に駆け込み、逆にダメ出しされて摘発されるに至った。

「小遣い稼ぎだった」

 男は約250人から依頼を受け、報酬として計約200万円を得ていたとみられる。1度セーブデータを書き換えてパソコンに保存すれば、その後はコピーするだけで追加の手間はほとんどかからない。男が1本のソフト改変に要した時間は、10分程度だったこともあるという。

 悪事は露見する。「こんなことをやっていいのか」。男はネットオークション上で、こんな匿名のメッセージを複数回受け取った。

 男は怖くなり、「脅された」と大阪府警阿倍野署に相談したが、応対した署員は「これは脅しにはならない。ダメなことをしているのはあなたでしょう」と指摘、その後の捜査で男のチート行為を立件した。捜査関係者は「検挙されるほどのこととは思っていなかったのだろう」とあきれた。

引用元: IT media NEWS


みんなの反応

せっかくいい作品を作って貰ったのにこの手の話を聞くと本当に残念な気持ちになる
自身だけで楽しむ程度ならチートも良いけど配布したら犯罪です
ワールド以降はこの手の話が無くなっていって欲しい

逮捕の経緯がアホ過ぎるw

モンハンの悪魔ネコ製作者が逮捕されたらしい
もう悪魔猫って響きが懐かしい

悪魔ネコの製造者が著作権法違反で捕まったぞーやったー!


チートの人達はマジでゲームなんかやんなきゃいいのに、楽しいんですかねこういうの。
チートクエストとか、一回オンで連れていかれましたけどもう絶句ですよ、まったく楽しくない。
そっ閉じしました。
しかもこれお金払って依頼してた人もいるわけですよね。
なんだかなあ。

関連